沖縄でリゾートウェディングを挙げようと考えている方たちへ

結婚にまつわるお金のこと

式場

結婚式の費用を誰がどのくらい負担するのかという問題は、なるべく早くに決めておくと安心です。一般的に、折半やゲストの人数ごとに費用を分担するケースが多いですが、どちらか一方が払うと思っていた、払ってくれないとならないように、事前に話し合いをして決めておきましょう。また、結婚式の費用は本人同士だけでなく、両親が負担するというケースも多くあります。ですから、本人同士で勝手に決めるのではなく、結納や顔合わせのタイミングできちんと話し合いをしておくと安心です。他に、結婚式は数百万円単位の費用がかかることがほとんどですから、全体でどのくらいまで払うことができるのか、お金の用意はいつできるのかなどもきちんと計画を立てて考えておく必要があります。

ちなみに、結婚式場によっては、結婚式の費用を後場合できることがあります。その場合、ご祝儀を受け取ってから結婚式の費用の支払いができるので、あまり手持ちがないカップルでも結婚式を挙げることができるというメリットがあります。しかしあくまでも、一部の会場で行っていることなので、どうしてもこの制度を利用したいということであれば、会場選びの段階で確認しておくことをおすすめします。また、結婚式の費用は、日にちや曜日、大安などで大きく変わるケースがあります。どうしてもこだわりがあるという場合には仕方ないですが、あまりこだわりがなく、安く結婚式を挙げたいのであれば、平日や仏滅などを選ぶというのもひとつの手です。