沖縄でリゾートウェディングを挙げようと考えている方たちへ

近年人気の結婚式

ウェディング

結婚したことを双方の親族や勤め先の同僚、昔馴染みの友人や近所の住人などに紹介しお披露目する機会として長年用いられてきたイベント、それが挙式ならびに披露宴いわゆる結婚式です。しかし近年、その結婚式のあり方が大きく様変わりしてきています。いわゆるバブル経済の頃には数百万円の費用を掛けて数百人を招待し、盛大なイベントとして行なうのが一般的だった結婚式は、その後徐々に小規模に行うように推移しており、近年は双方の親族のみを招待して行なう家族婚といった行い方をするのも一般的になってきているのです。費用の節約に繋がるのはもちろんのこと、より親しい間柄だけを集めて小規模に行なうことで、思い出に残る結婚式を行なうケースが増えていることは、覚えておくといいでしょう。

また家族婚の様に、小規模な結婚式を行なうにあたっては費用の節約のためではなく、海外などのリゾート地での結婚式を行なうために家族婚を選択するケースも珍しくはありません。海外のリゾート地などで結婚式を行なう場合、当然招待するゲストにも海外へと渡航してもらう必要がありますが、その渡航費用や滞在費用などはゲストに負担してもらい、その分ご祝儀を受け取らないといった取り決めをするのが一般的になっています。そのため、ご祝儀の補填分を考慮すると国内で結婚式を行なうのと最終的には同等の費用が掛かるものの金銭的な負担や時間的な拘束などを考慮すると本当に親しい間柄、出なければ招待すること自体が失礼にあたるため、家族婚といった形式を取るのが一般的でもあるのです。